スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

アルラのミルクパック

Eräänä päivänä löysin uuttä maidon pakkausta verkosta!
Se on Arlan uudet tuoteet jonka nimi on "Maitoa Suomesta".
Piimä ja kerma myydään myös.
Arla on ruotsalainen yhtiö. Kuitenkin suomalaisen arlan maidon pakkauksen muotoilu on erilaista ruotsalaista.
Minustä tuntuu tämä on ruotsalainen muotoilu, mutta todellä söpö!
Se sopii aamun keittiötä:)

-------------

久しぶりにArlaのサイトを見ていたら、なんと新しい牛乳のシリーズが出ていました。

arlamaito2.jpg
画像出典:Arla.fi

その名も"MATIOA SUOMESTA(フィンランド産ミルク)"です。
なんてそのままなネーミングなのでしょう(笑)

フィンランドのArlaの牛乳には"Arla"と"Arla-Ingman"の二つがあります。
(ややこしいのでココではArla-IngmanのことをIngmanと呼びます。)
IngmanはValioに次ぐ大手乳製品メーカーでしたが、2000年にArlaに吸収されました。

Ingmanの牛乳はIngmanが持っている牧場の牛を使っているのでしょう、パッケージにスオミマークが付けられています。今までのArlaの牛乳パックにはそれがなく、おそらく外国産の牛乳でした。
種類自体も多くなく、私は低脂肪と無脂肪の2種類しか見た事がありません。
今回の新しいシリーズは、脂肪分は4種類、ラクトースフリー、ローラクトースまた、ピーマやクリームまであります。ここにきてArlaがフィンランド牛乳業界への本気を見せた気がしました。

この画像の左側が今までのArlaの低脂肪乳パッケージ、右の4つが新しいものです。
(実はあと2種類の低脂肪乳があります)
arlamaito5.jpg
画像出典:Arla.fi

新しいパッケージは一見、何が違うの?という感じですが、実は模様によって種類が判別できるようになっています。
その説明がコチラ↓
arlamaito.jpg
画像出典:Arla.fi

左から
Perustuote:一般的な物
Vähälaktoosinen:ローラクトース(乳糖が少ない)
Laktoositon:ラクトースフリー(乳糖なし)
Asidofilus-Bifidus:乳酸菌とビフィズス菌

これは色が違っても、つまり無脂肪やピーマであっても当てはまります。
模様で種類を分けるというのはなんだかスウェーデンらしいぁと思います。
※またこのお話は別の機会に…

Arlaの乳製品のパッケージは、他の物と比べてフィンランドっぽくはないような気がします。
何をもってフィンランドらしいというかは難しい所ですが…
私としては、その商品がスーパーに並んでいても違和感がないかどうかという点かなあと思っています。
違和感というとちょっとマイナスな感じですが、多分このArlaの新しい牛乳パックはいい意味で売り場で目立つのではないでしょうか。

スポンサーサイト
2014-05-15 : フィンランドあれこれ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

satoko

Author:satoko
フィンランドのパッケージデザインを研究しています。
Minä tutkin suomalaista pakkausmuotoilua.
satoko.fi

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。